<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
I LOVE TAIWAN
0
    「饅頭さん」って言う台湾のゆるキャラが居る。
    おまんじゅうと言うより、中国の点心をゆるキャラ化しているので、日本人にはちょっと受け入れがたい感じの形のキャラクターだ。

    この饅頭さんは、いや、



    正確には、マソジュウさんですが。


    しかも、吹き出しで自分のこと「パン」って言ってるけどね。

    向こうでは、ちょっと日本語とかを交えて書くのがオシャレな分化があるので、現地で売っているものにも日本語が結構書いてあるのです。

    マソジュウさんとの出会いは今年3月の香港。その時のマソジュウさんについての日記はこちら
    ちなみに、その時の香港の愉快な誤植発見日記はここここあとここ(これは18歳以下閲覧禁止)にあるよ。

    ちょっと部屋を整理してたら、その時に香港で買ったマソジュウさんのグッズが色々出て来て、家にあるだけでも

    マンジュラさん(イタリア人ぽい)

    など、盛大な誤字を発見し、ゆるキャラ好きの私としてはちょっと盛り上がって来たので、このマソジュウさんについて調べてみました。

    冒頭にも書いた通り、私が買って来たのは香港ですが、元々は台湾のキャラクターみたいです。私が4年前くらいに台湾行った時は見つからなかったけどなぁ…。

    マソジュウさん公式ホームページ
    (外国サーバーですが、かなり軽いしサクサク見られるよ)


    マソジュウさんの仲間も、私が知っている以外にも色々居るみたい。

    まず、



    食バソくん


    あと、



    タコ
    (もう、饅頭じゃないよね)

    それと、



    淡水の物
    (だから誰だよ)

    おまけに



    爆弾

    爆弾って。しかも、爆弾に「NO SEX」って書いてあるよね。ブタが腰振ってるよね。子供向けキャラじゃないの、これ?

    キャラクターも豊富に取り扱い、勢いに乗るマソジュウさんのグッズには、以下のようなものも。



    若い女性向けの饅頭ちゃん衣類。
    これは、日本でもハローキティとかリラックマがプリントされたこんなようなのはあるからいいけど、一番気になったのは



    饅頭学院抱き枕

    …饅頭学院って何?
    もはやマソジュウさん、下のほうにちょっとしか居ないし。
    美少女も、ポニーテールって言うか、髪の毛縛る必要ないほど後ろ毛短いよね。



    この商品の右上を見る限り、こいつ「小芳玲子さん」って言う名前みたいだけど。
    あと、右側のアルファベットも「まんじゅくん」だし。

    マソジュウさんイラストコンテスト的なものもwebで開催してて、台湾の子供達が書いたイラストが表彰されてたけど



    「パソ〜」って書いてあるし、子供もそりゃどんどん間違って日本語覚えて行くよね。

    次はインドに行こうかなと思ってたんですが、マソジュウさんグッズが買えるなら、また台湾に行こうかな… (´・ω・`)
    webで通販もやってるんだけど、台湾現地の人しか買えないぽい。

    ゆるキャラ好きな人は、こんなマソジュウさんも是非応援してください。
    みうらじゅんに投書して来ようかと思って今みうらじゅん公式サイトまで見てきたが、メールフォームがない。

    突っ込んでるとキリが無いから大幅に省いたけど、マソジュウさん公式サイトにもまだまだ突っ込みどころがあるので是非見てね!

    I LOVE TAIWAN(・∀・)
    I LOVE MANJUKUN(・∀・)

    | SION | オタク・カルチャー | - | - | - | - |
    ゆるキャラ評論家になりたかったです
    0
      昨日のボヘミアン・ナイトお疲れ様でした(・0・)ノ
      第2回目と言うことでお知り合いも増えてきて、楽しかったなぁ。今回は受付時に入場さんに折り込みを入れたんですが、それを入れる袋確保のため、4月の主催ライブに引き続き、株式会社マイクロビジョンさんに来て頂いて「マーシュ」の袋を提供してもらいました。このイベントのためにわざわざ袋を緊急増産してくれたらしい。
      色々ボヘミアン・ナイトの事を書きたいんですが、まだブログを書くための画像や動画が揃って来ないんで、この話はまた数日後に。

      さて、世の中には『ゆるキャラまつりin彦根〜キグるみサミット〜』と言うイベントがある。
      日本中からゆるキャラが集い、昨年は観客動員数48000人と言うでっかいイベントである。
      これがね、去年からずっと気になっているんだね。行きたいんだね。誰か一緒に行ってくれると言う人が居たらご連絡ください。
      なんで世の中にはみうらじゅんがいるのかな。ゆるキャラ評論家なんて、金払ってでもやりたいのに、そんな職業。
      ゆるキャラサミット、アルバイト募集しないのかなー。着ぐるみの中入りたいし、ギャラも要らないのに。
      登録してるイベントコンパニオン会社で時々着ぐるみに入る仕事も来るけど、着ぐるみ本体がそれほどゆるくないのばかりなので、入る気しないです。
      「ご当地ゆるキャラソングを作りたい」と言う会社はないのかな。ありましたら、無料で製作させて頂きますが。

      今年、このゆるキャラサミットで気になっているのは『えべチュン』と言う北海道のキャラです。



      えべチュン
      http://ebechun.jp/index.html

      北海道は江別市のご当地キャラで、江別産の小麦が好き。
      札幌の北海道情報大学がどうやらメインになって作ってるっぽい。

      なにを隠そうこの北海道情報大学、私が大学受験時に

      どう転んでも絶対受かる滑り止め

      に受けた大学であります。確か情報メディア学部を受験したはず。

      うちの地元・旭川だと、大学入学時にはだいたい半分が旭川に居残り、半分札幌の大学へ行くのが主流であります。東京に行くのは、受験生全体のわずか1%とか3%とかそんなもんで。
      しかも女の子1人で親戚もいないのに東京に行って大丈夫なのかと、散々引き止められた記憶があります。
      私も「たぶん1人で東京出ても大丈夫だろ、北海道でも友達居ないしな」「北海道で余生を送るとコミケに同人誌買いに行く時の交通費が馬鹿にならん」くらいの考えで東京の大学を受験したんだけど、最後の最後で上京を怖気づいた時のために1個だけ北海道内の大学を受けといたのですなぁ。

      んでこの北海道情報大学、よく解らないで受けたら、ホームページにも「豊かな自然が溢れる」って書いてあるけど、本気で森林公園に囲まれていて、周囲が野生的過ぎて、なんか道路も坂だらけだったんだ。
      だから、これだったらやっぱりオラ東京さ行って本買うだと思って東京出てきたら、やっぱり自分が通った大学も、住んでたマンションからの通学路が悪くて、毎日バイクで墓地ん中を滑走して行かなきゃいけなかったんですけどね。墓地を通らないと、通学時間が倍になるという。

      そんな思い出深い、北海道情報大学の生み出したキャラ、えべチュンです。
      是非会いたいです。

      「シュルレア。泣いているとは、なんてポエティック」

      って言う頭脳派なキャッチコピーが狙っててむかつく。可愛いなぁ。

      あと、ゆるキャラサミットに出るわけではない、中野区の食育キャラクターである「うさごはん」もすごく気になってます。

      うさごはん
      http://www.nakano-syokuiku.jp/usagohan/profile.html

      茶碗なので、寝る時は逆さになって寝るらしい。
      ある日、炊飯器の中から飛びだしてきて生まれたらしい。

      最近、朝ごはんを食べない子どもが増えてきたことが心配で、みんなが元気よくごはんを食べてくれる日がくることを楽しみにしているという、とってもお節介なキャラクターです。かわいいなぁ。

      イベントに参加できるなら、一時的に住民票を中野区に写したい。

      皆様からの、「こんなゆるキャラみつけた」情報を心よりいつもお待ち申し上げております。

      | SION | オタク・カルチャー | - | - | - | - |
      「ボヘミアン」への連載がスタートしますた
      0
        そういえばこの前、コスプレ女子プロレスラーの春日萌花さんがイメージガールをやっている池袋の漫画喫茶『アプレシオ』の北口店オープンイベントに、予定があってNGだったヒナナの代打で行って来たんです。コスプレ着て春日さんたちとダーツやるとか、そういうイベント。
        で、人が足らんらしく、友達のみずきちゃんと華純ちゃんを連れて行って来たんですが、それがすごく楽しかったんだなぁ。
        普通に仕事をやるのも楽しいけど、友達と一緒にやると何十倍も楽しいんだよなぁ。2人も仕事を楽しんでるのがすごい伝わってきたし…
        大好きな皆を巻き込んで、色々なことをしたいもんです。
        誰かの何かをやりたい、と言う気持ちの架け橋になれるような人間には常々なりたいと思う。
        そして、何かをやりたすぎて周囲の人間を利用してやろうと言うのがひしひしと伝わってくる人間には、スリッパで殴ってやろうと思う。思うって言うか、やってる。

        華純ちゃんは遠方から来てるのでウチに泊まって行きました。
        夏に相応しい怖い話をいっぱいしてくれて楽しかった〜。

        翌日の朝、華純ちゃんが某オンリー同人即売会に行くので早めに帰ったんですが、私は大変低血圧で朝が弱いのでございまして、寝ていたら華純ちゃんが「じゃあ、帰るね(・∀・)」と寝室に挨拶をしに来たので、慌てて起きたら寝ぼけていて

        『胃癌になったから、

        フライドポテト食った (´・ω・`)』


        とか意味不明な発言をしてしまいました。
        胃癌になってる上に塩分取るなよ俺。

        さてさて、様々なアーティストさん、クリエイターさんが連載しているWEBマガジン『ボヘミアン』にて、私の連載が7月23日よりスタートしました。
        わりとコマメに更新予定なので、よろしくです。

        サブカルチャーWEBマガジン『ボヘミアン』
        http://www.bohemian.jp/

        それに伴い、8月7日に行われる異業種交流会『第2回 ボヘミアン・ナイト』にも参加します。無駄に。
        http://www.bohemian.jp/night/index.html

        ちょっとお値段張るんですけど、巷によくある『出会い目的』『保険・浄水器・壷』『自称○○』ばかりが集う異業種交流会とは全然違う、しっかりしたイベントだなぁって前回つくづく思ったので、クリエイター志望の皆さんは来てみてくださーい。

        私は、自分を売り込むのが昔から嫌いだったし、売り込むほどの価値もないと思ってるのでこういうところには参加しないできたけど…
        自分を売り込むのがカッコ悪いって考えてる私のような人間よりは、どんどん自信をもって表に出てくる人の方がいいかなって思うようになったよ。
        売り込み熱心な人って、勿論、時にはやっぱり自分のポテンシャルを見誤っててすごくレベルの低いものを持ってきたりするのは確かに事実だけど、出来るのにやらないよりはいいと思う。
        出来るけどやらない人って、どうせたいして出来ないから。←昔のオレ

        「一生懸命何かに打ち込むとか、クリエイターとかアーティストとか、そういうのカッコ悪いよね。人と違うことに優越感見出しちゃってさ。」と思いながらいじめられっこ2ちゃんねらーみたいな価値観で、何にも打ち込まず青春を送ってきた人間なので、こうしてこの場で連載を持つことが出来ても、パーティーでする事が正直あまりないのです。とても恥ずかしいことです。
        デザイナーさんのように見せるブックもないし、肩書きもありません。前回もひたすらフラフラ。今回もたぶんひたすらフラフラ。

        もし、「売り込みに行きたいし、興味あるけど、1人じゃちょっと…」と言う人が居たら、気軽に連絡してください。一緒にフラフラしますので。
        売り込みに行くモノがあるだけ素晴らしいとオヴァハンは思うよぉ。

        クリエイト活動が本当は好きなのに出来ない人とか、一生懸命何かをやっている人の事がカッコ悪く見えたら、それはその時、自分が一人ぼっちなのだと思うよ。

        自分の作品がすごく劣っててかっこ悪く見えても、それに携わってる人は沢山居て、私なんかの場合でも、自分がブスすぎて「私の写真ダメだぁ(´Д`)」って言ったら、カメラマンさんが「オレの写真、ダメだった? (´・ω・`)」って落ち込むし。
        自分の作曲した曲がどうにも下手過ぎて見せられるもんじゃない!って思いながらライブで歌ったら、自分でも一番心を込めて作ってたラインでちょうどお客さんが泣いてくれたのがステージから見えたり…

        自分に自信がなくても、自分に携わってる人達のために、自分はいいものを頑張って作ってるんだ!と言うしかなくなるんだよね(・∀・;)

        また頑張って、モデルです、バンドマンです、ってパーティーで言おう。
        本当は言いたくないけど。
        普段から、ニートです!ニートです!と場をやり過ごしすぎて、いつも「あんた、なんなんですか?なんでこの場に居るんですか?」と普段から各方面で言われて余計事態が混乱しているので、頑張って言おう。

        …しかし、このような聞こえのいい「ちょっといい話」ばかりするブログも嫌いです。売名行為してんじゃねぇよこのチョンマゲって思うよね。

        | SION | オタク・カルチャー | - | - | - | - |
        サブカルチャーWEBマガジン「ボヘミアン」
        0
          マイミク限定公開日記では大分前にお知らせしたのですが、こっちに書いてなかった。

          J-WAVEのパーソナリティ、ロバート・ハリスさんやモーリー・ロバートソンさんが主導となって運営しているサブカルチャーWEBマガジン「ボヘミアン」て言うのがありまして、そちらで今月よりコラム連載をさせてもらう事になりました。
          基本的には、第一線で活躍している作家さんやデザイナーさんなど、クリエイターさんの集まっているWEBサイトです。
          あおくび大根の作者さんとか、超気になる。

          ボヘミアン
          http://www.bohemian.jp/

          んで、もう今日の話ですが、ボヘミアン主催の異業種交流会「ボヘミアンナイト」が六本木club edge TOKYOで18時からあります。

          ボヘミアンナイト詳細ページ
          http://www.bohemian.jp/night/index.html

          こちらでの舞台挨拶に私も出演しますので、ヒマな方は来てみたらいいのではないでしょうか。

          と、さっきmixi日記に書いたら、散々「雨だから」と言われた。
          うん、みんなカメハメハ大王だね。

          またコラム連載がスタートしたらお知らせします。
          周囲が一流クリエイターさんばかりで大変肩身が狭いですが、狭いなりにもちゃもちゃ頑張りたいと思います。

          | SION | オタク・カルチャー | - | - | - | - |
          VICE日本版
          0


            8月1日より、タワーレコード渋谷店などで、サブカルチャーマガジン「VICE」の日本版が配布されています。
            相変わらず同じ写真ですが、とりあえず私も載ってます。
            アメリカ版よりページはちょっと少ないけど、装丁は豪華だし無料なので、みんな貰いに行ってねー。

            もう無いと思うけど。

            だって、あたしが探しに行った時に、棚にあと4冊くらいしか無かったもん。

            や、毎回告知遅くてすいませんね。



            あと8月3日の神楽坂ディメンションのライブもご来場ありがとうございました!
            今回は結構良かったんじゃないかなーと思うよ。ちょっと自信出て来た。出演者さんもみんなすごくて、頑張ろうって思った。

            いい年こいてリハが伸び伸びになって1時間ももやってて、すいませんの一言もなく芸能人気取りの態度な人は嫌でしたので、いつかあたしがそいつらを乗り越えて潰す。
            あたしの可愛い可愛い女の子のお客さん達にナンパ半分で話しかけたり、終始話しかけるタイミングを伺ってたアイツもちょっとヤ。だからそのうち乗り越えて潰す。
            あたしは断固たる正当な理由があれば、人は潰していいと思うよ。
            潰すったって暴力じゃなく、相手の一番得意な芝で勝負した上で買って、「ほほほ、その程度ですか…」とかフリーザやくろあめ君みたいな笑い方で笑ってやるくらいだが。

            ZILLが真面目なメインMCを担当して、私は意図的にそれに横槍を入れてボケるような掛け合いでやったんだけど、あたしがメインMCより収集着くから良かったんじゃないだろうか。うむ。
            1曲目はインストにしようって言ったのはあたしで、「えーやだー」って言われながら押し通したんだけど評判良かったし、夏だから浴衣で行こうって行ったのも「えー俺の甚平かっこ悪いからやだー」って言われながら押し通したんだけど評判良かったし、とりあえず、自分でもかっこ悪いと思う甚平なんか買うなよ。

            9月14日のプリズン東京では、昔書いたゴスロリ系の曲を全部引っ張り出してくるつもり。
            で、プリズン東京の告知フライヤーを私が担当しますので、以下はそれ作るのに出た残骸。



            MARSくんです。
            MARSくんおとうさん、これを待ち受けにしてください。
            息子さんです。



            これはZILLくんです。
            かなり加工したら、質感がFF10のティーダになってもうた。

            あと、今までのR&Rのライブ、全部有志が動画残してくれてるから、時間がある時に全部のライブのをアップしたいと思ってるよ。
            全然時間ないけど。

            | SION | オタク・カルチャー | - | - | - | - |
            LAに行ってきたよ:最終日
            0






              ポキちゃんに迎えに来てもらって、空港へ。

              ポスターを保護する筒とか文房具屋で買ってきてくれたり、荷物持ってきてくれたり、チェックインに付き添って英語喋ってくれたり。お世話になります。
              ほんと、荷物も多かったし、付き添いしてもらわなかったらどうなった事か…
              ポスターを保護するための筒とかも考えてなかったし。
              ポキちゃんとひろしくんがドアtoドアで付き添ってくれなかったら、モーテルの行き帰りに黒人に襲われてたかもわからん…
              全てがギリギリギリギリセーフ過ぎるよ…。

              帰りの飛行機では死んでました。
              今までの人生で何度も「私は人と居ると絶対寝れない人だ、時々そう言いながら普通に爆睡してるヤツが居るが、私は本当に寝れないんだ」と言い切っていますが、ふつーに飛行機内で寝てました。
              ブランケット頭から被って、体育座りで岩石みたいな塊になって始終寝てた。
              行きに俺はトイレが近いからと思って通路側取ったらインド人に踏みつけられたし、今度は通路側の人を踏みつけようと窓側の席を取ったんだが、壁に頭ガンガン当たったり、隣の白人の兄ちゃんに頭ガンガン当てながら寝てた。
              ふと起きたら、ヒザの上にピーナッツとオシボリが乗ってた。
              隣の白人の兄ちゃんの妻が日本人で、「ほんと、よく寝てたねぇー、関心するわぁ、なぁに?1人でLAに遊びに来てたの?」とか子供に目を向けるような感じで話しかけて来たが、多分、あんたとオレはそんなに年が違いません。

              ちなみに飛行機で寝れない人は、テーブル出して前のめりになって、頭をテーブルに乗せて寝ると腰に負担がなくて短時間だけでも多少寝れるのでお試しあれ。
              前のヤツがシート倒しすぎでテーブルに頭乗せられない場合は、窓側で体育座りして、ヒザと頭を壁につけて寝るとそこそこ寝れる。

              写真展「VICE PHOTO SHOW 2008」の情報はVICE日本語版のホームページ内
              http://vice.typepad.com/vice_japan/
              ここで更新されるかもしれません。
              そもそもVICEと言うのが何なのかと言うと、アート雑誌のフリーペーパーで、アメリカでは割と有名なものらしい。
              そもそもVICEのホームページ
              http://www.viceland.com/
              日本語版VICEのホームページ
              http://www.viceland.com/jp/
              英語版の方が記事数が多いから、英語版で見てた方がいいかも。
              とりあえず現時点ではまだ
              http://vice.typepad.com/vice_japan/2008/07/preparing-vice.html
              準備段階のブログしか上がってないぽい。

              会場の「TOYOTA SCION SPACE」(3521 Helms Avenue Culver City, CA. 90232)では写真展開催中の今月26日まで、「VICE Magazine」とオレのポスターを無料で配ってます。VICE Magazineの方にもインベさんの写真が沢山載ってるよ。
              かなり市街地から離れているのと、会場が解り辛いので、行く方はタクシーとか使った方がいいかもしれません。

              以上、ロス疑惑。

              ポキちゃん&ひろしくん、本当にありがとうございました!!

              | SION | オタク・カルチャー | - | - | - | - |
              LAに行ってきたよ:3日目
              0
                13:00にポキちゃんが向かえに来るってのを16:00に変更してもらうメールを送ってたので、ぐっすり昼過ぎまで寝てる。

                が、お昼にドアや窓を

                ガンガン叩く音が…!!


                昨日の黒人キター!!Σ(゚д゚lll)

                部屋の隅で息を潜める。
                ドアの外に人気が無くなったのを待って、息を潜めながらコソコソと準備を始める。

                16:00に迎えに来てもらうところを、15:30くらいに用意が終わったので、窓からチラッと外を見たら黒人も居ないし、昨日の一件で消極的になるのもよくないかな…やっぱりちょっと散歩しようと思い、また一眼レフをぶらさげて、ドアの外に出た、まさにその瞬間。

                モーテルの目の前で、ドーン!!!!と

                言う轟音が鳴って




                私の目の前で乗用車が事故って、

                日系人の人たちが首根っこ掴んで

                やいのやいの喧嘩してるんですけど。


                オレは何時もながら、どんだけハプニングに遭遇する人間なんでしょうか…
                やっぱり、現場見てるのオレ1人だけだし…

                関わりあいになりたくないので、散歩止めて部屋に戻る…。

                やっぱり、モーテルの敷地内すら出れてないオレ…。

                ポキちゃんが到着したので「おい聞いてくれよ!昨日怖い思いをしてな!黒人の麻薬密売人が来てな!で、昨日は無事だったんだけど、さっきもお昼頃、ドアとか窓とかガンガンってやられて!!」と一連の事情を説明すると、

                ぽ「それ、俺(´ー`)y-~~」

                …。

                ポキちゃんの携帯が古くて、メールが途中で切れてて集合時間の変更が伝わってなかったらしい…。

                ぽ「ところで、部屋のキー2枚ちゃんと持ってる?」
                私「へ?いや、1枚しか知らないけど…初日にポキちゃんが持ってったんじゃないの?」
                ぽ「女の子の部屋のキーなんて勝手に持って行かないよ、今すぐ探せ」
                私「(;´Д`)」

                カバンやサイフを探したら、2枚とも発見。アホな俺。

                モーテルに居る時点で「キーが1枚しかないなぁ、でもポキちゃんが持ってったんだろ」と思って探しもしなかったけど、よく考えたら昨日黒人がドアを開けてからルームキー返してもらう事すら忘れてたし、黒人が馬鹿だからテーブルにルームキー置いて帰ってくれてたみたいだから良かったものの、黒人が持ってく可能性もあったんだよな…
                俺、平和ボケしすぎ…。

                いやぁキーもあって本当に良かったねぇ、昼間もドアをガンガン叩かれて黒人だと思ってビビッたけど、黒人もそんなに暇じゃないだろうし、会えるか解らないのにわざわざ来ないよねぇ、なんて言いながら観光。



                日本食レストランの壁に書かれたよく解らない看板。



                そしてこれがかの有名なハリウッドサイン!!

                普通は空撮しないと障害物が多くて文字を全部見れないくらいらしいんだけど、地元の人でも知らないような穴場をポキちゃんが一生懸命探してくれた。私もハリウッドサインは見たくて事前に色々調べたんだけど、私が撮ったハリウッドサインが他で書かれているブログよりも一番近くて綺麗な自信アリ。
                元々は「ハリウッドロード」とか言う13文字で構成された看板だったらしいんだけど、ロードの「ド」から女優さんが飛び降り自殺したらしくて、13文字って不吉だしロードを取っちゃったらしい。
                その女優さんが死んだ日に、映画会社から自殺する少女の役の依頼の手紙が届いてたらしいおー。

                ハリウッドで買い物して、夜中にモーテルに帰宅。
                荷物をポキちゃんと一緒に車から出してモーテルに全部運んで、やー、今日もお疲れ様でしたなんて言いながらドア閉めた直後、ドアをノックする音が。

                誰〜(・∀・)?
                とか思って出ようとしたらポキちゃんがドアの穴から外を覗く。

                ぽ「黒人(´ー`)y-~~」

                Σ(゚д゚lll)

                黒人kた




                モーテルの部屋に戻って

                数分後に襲来って、

                思い切り見張ってたんじゃん…

                来るんじゃん…。


                ポキちゃんが部屋に男も居るよって感じに見せるのに廊下をウロウロしてくれて、フロントに「怪しい人がウロついてるから見張ってて」って電話してくれたのですが、LA怖すぎる… (´・ω・`)

                そんな訳で朝まで起きてる。
                徹夜したまま帰国日を迎える。

                | SION | オタク・カルチャー | - | - | - | - |
                LAに行ってきたよ:2日目
                0
                  インベさんの写真展初日、レセプションの日。

                  16:00にひろしくんが迎えに来るとの事で、たっぷり寝て13:00頃起床。
                  テレビ見ながらゆっくり準備して、15:00頃。「集合時間まであと1時間もあるなー」と思い、近所を散歩して写真撮ったり、コーヒーショップでコーヒーでも買って来ようかなぁと思い、インベさんの写真とまったく同じ格好で(写真で使ったスカートは捨てちゃったので別のやつだったけど)一眼レフぶら下げて、外出を思い立つ。

                  「出来るだけ安いホテルがいい」と言ったら、「モーテルの方が安い」との事で、モーテルって言うのは日本で言うペンションみたいな感じで、管理人は居るんだけど割とドアがぺらぺらでカードキー1枚で開くって言う感じで、でもこの辺は治安もいいし、モーテル自体の綺麗さもそこそことの事で、まぁ



                  こんな感じのモーテルでした。

                  で、モーテルの敷地内に植え込みとかあったので花とか駐車場とか撮影してて、いざ散歩に出ようと思って煙草を部屋に忘れたのに気づき、一旦部屋に戻ろうとしました。

                  そしたら、カードキーの接触が悪くて、何度カードキーを出し入れしてもなかなかドアが開かない。

                  一度、メイドさんが掃除しながら廊下を通ってったんだが「英語で喋るの嫌だなぁ」と思って助けを求めないで居たんですが、5分か10分くらいガシャガシャやっても全然ドアが開く気配が無いので、「もう次に人が通ったら聞こう」と勇気を奮い立たせ、丁度黒人のお兄ちゃんが階段を上がってきたとこだったので(私の部屋は、上記写真2枚目、モーテルの階段をあがってすぐ真正面の部屋だった)

                  私「(カタコトの英語で)エクスキューズミー。このドアがどうしても開かないんだけど、手伝ってくれませんか?」
                  黒人のお兄さん「普通にカードを通すだけだよ。カードがちゃんと認識したらグリーンランプが付くんだよ」
                  私「ですよねぇ…でも全然カードが認識しないんですよねぇ」
                  黒人のお兄さん「何度かトライしてみなよ、ファイト」

                  って感じで、ドアの横の灰皿で黒人のお兄さんが煙草を吸い始めた。
                  私がドアと苦戦してる間、「どこから来たの?」「何日居るの?」「俺のオヤジも日本人だよ」「年は何歳?」「LAに来てからどこに観光に行った?」とか「その服は素敵だね」とか「なんでそんなにドアが開かないんだよ?本当にここは君の部屋なのかい?」などとずーっと話しかけてきてて、私も黒人と話しながらドアにカードキーを刺したり抜いたりしておった。

                  しかし、全然、まったく、一向にドアが開かない。

                  そこで黒人が「あぁ、もういいよ、わかったよ、俺がやるよ」とカードキーを俺から取り、何度かトライしたら、ドアが開いた。

                  黒人「お、開いたぞ。これでオッケーさ!」

                  と言いながら、ドアを開けて、先に私の

                  部屋に入った。


                  ………黒人が私より先に、

                  私の部屋に入ったなぁ…


                  と思ったんだけど、まぁ恩人なので、「サンキュー、サンキュー」と言いながら私も部屋に入る。
                  黒人「へぇ、素敵な部屋じゃない」と言いながら、

                  灰皿を見つけて

                  部屋で煙草を吸い始めた。


                  …居座る気だなぁ……

                  と思いつつ、まぁ、今まで話してた限り、悪い人じゃなさそうだしいいか、と思って、私も煙草吸いながら黒人と部屋で2人きりで喋る。

                  「仕事は何やってんの?」と黒人に聞かれたのだが、「ニート」って言うのは通じづらいだろうし、解りやすい方がいいから嘘でいいか、と思い、丁度一眼レフをぶら下げていたから、「アイアムカメラマーン(・∀・)」とか適当なコト言って、「OH!グレイト!アーティストじゃん」とか言われて、2人でカメラのプレビューを見たりしていた。

                  そしたら黒人、

                  「ちなみに俺は、

                  マリファナを売って生活しているよ」





                  (・∀・)





                  ……

                  ………

                  アイアムデンジャラス?
                  イエス、アイ ドゥ…

                  オ〜……

                  ベリーウェール……

                  麻薬密売人の黒人と

                  部屋で2人きり…


                  アワワワワワワ、と思うも黒人、そのまま「日本ではあまり無いんだってね?LAでは皆吸ってるよ」「マリファナって草なんだけどね、まぁ要するに煙草に似たようなもんだね、こうやって煙草のフィルターにマリファナを挟んでだね…」

                  とか言いつつ、テーブルに

                  素敵にいろいろ展開。



                  この時、時間は15:50。
                  ひろし到着まであと10分。

                  …お客様のお呼び出しを申し上げます。
                  勇敢なシオンさん、勇敢なシオンさん、いらっしゃいましたら黒人の前までお越し下さい…。



                  ………

                  …あー、いらっしゃらない。
                  いらっしゃらないと言う事で、じゃあ、あの…って言うか…えー…

                  どうしよう。

                  私「あのね、あと10分で友達が迎えに来るから…」
                  黒人「うん、さっきそう言ってたね。知ってるよー。10分もあれば1本吸える状態のマリファナなんて作れるよ」
                  私「うん、あの、要らないです」
                  黒人「煙草吸えるんだったら、むせないから大丈夫だよ」
                  私「はい、要らないです」
                  黒人「まぁまぁそう言わず」
                  私「要らないんだってば」
                  黒人「…うーん…じゃあ、シオンの仕事が終わったら夜、また遊びに来ていい?だめなの?明日は?明日も夜になったら帰ってくるって言ってたよね?その次の日はもう日本に帰っちゃうんでしょ?折角友達になったんだから、また会いたいんだけど」
                  私「もう時間ないんだよ〜…もう16:00になるし…」

                  そして16:00。

                  「あぁ〜、もう時間になっちゃった、

                  じゃあね (´・ω・`)」





                  ふつうに黒人、帰る。


                  馬鹿で良かった…

                  本当に馬鹿で良かった…


                  窓からちょっと覗いたら、モーテルに泊まってた人かと思いきや「モーテルの駐車場に車置いて、その辺で麻薬売ってる人」だったみたいで、駐車場の車乗って帰ってった…。
                  最初から俺に話しかけるために来たっぽい。


                  今思い出せば、
                  ・サイフ取られる可能性
                  ・強姦される可能性
                  ・一眼レフ取られる可能性
                  いや、もう、全部アウトだったじゃん。

                  しかし、
                  ・今後のスケジュール、全部教えちゃった
                  ・ホテルの部屋番号もバレている
                  ・女1人で泊まってるのもバレている

                  …まだ全然ヤバいじゃん…

                  って思ってるうちにひろしくん到着。

                  「あの、初めまして、シオンです、初めましてでアレなんですけどね、あのですね、あれ、あの、危なかったとこでですね、黒人が、マリファナがね、ルームキーがね、黒人、部屋がバレていてね、16:00に人が来るって事になってなかったらヤバかったかもわからん、とりあえず部屋、部屋変えたい」と状況説明。
                  ひろしくん曰く、「アメリカだとリース契約って言う概念だと思うから、ホテルの部屋は変えられないと思う。一度契約を解除して、新たに契約ってなると思うからお金かかるんじゃないかな」との事で、貧乏人のわたくし、

                  「じゃあ、お金もったいないから、いいです(・∀・;)」。

                  そんなこんなで写真展会場へ。
                  ひろしくんのマイカーがキャデラック。
                  インベさんとかに「うわー、いい車ー!!(*´∀`*)」ってすごい褒められて、「うほっ、そうかい?」とか何故か俺が全部返事を横取りしてた。

                  写真展会場は、なんてゆーか、郊外の倉庫街みたいなとこ。
                  TOYOTAのショールームでやるらしい。
                  しかも、私も知らなかったんだけどこの会場の「scion space」、「シオンスペース」って言うらしい!!「シオン」って言うトヨタの車があるんだって。
                  いやぁもう運命と言うか、光栄です!!

                  レセプションは19:00からだったんだけど、1000人くらいお客さんが来るらしく、19:00だと混雑するからシオンちゃんは先に入れるようにしておいたってインベさんから連絡来てたので、外でお客さんが待ってる中、黒人のガードマン2人に顔パスで会場に入る。

                  中では丁度インベさんが取材かなんかを受けてて、ひろーい会場にインベさんと他の写真家さんと、スタッフさんだけ。

                  遠巻きにインベさんが取材されてる風景を撮ってたら取材が終わったらしくこっちに近づいてきて、

                  「シオンちゃん、ちょっと聞いてよ、もう色々トラブルがあって大変でさぁ!明日ギ装置Rちゃんもこの会場に来るんだけど、明日この会場が定休日で、そこを何とかお願いして開けてもらうようにしたりしてバタバタで…」
                  とか話し始めたので、さえぎって
                  「ええええええええい、うるさいっ、あたしの方が、あたしの方が絶対トラブってたんだってば(;´Д`)!!!!」
                  と自分の話ばっかりしてた。

                  って言うか、VICEのスタッフさんとかが挨拶&自己紹介してくれるんだけど、どうしても「私がシオンです、こちらがひろしくんです、って言うかひろしって言うか初対面だしよく知らないんだけどね、ひろしって誰よ?」と言う紹介の仕方になってしまうんだが。



                  そして、目的のオレポスター、ゲット★

                  自分の写真が飾ってあって、自分のポスター持って、そこに本人ウロウロしてるとか、どんだけ自分好きなのか。
                  自分のポスターが欲しいからってわざわざロスまで来るとか、どんだけ自分好きなのか。でも、インベさんが「ポスターあまり数刷ってないから、私自身ももらえるか解らない」って言ってたので、来るしかなかったんだよなぁ。

                  写真展の受付の人に、「あのぅ、このポスターの本人なんですけど。このポスター、10枚くらいもらっていいですか?」と聞いたら、「どうぞ、何枚でも持ってって下さい」と言うので、沢山ひっつかもうとしたらVICE本部の人に「小部数しか刷ってないから、出来れば1、2枚でお願いします」と言われて、「嫌です(・∀・)!!だって今この受付の人、10枚もらっていいって言ったもん!!」とダダこねたら、嫌な顔してた(笑)
                  常識人のインベさんに「私も3枚くらいもらってるから、日本に帰ったら1枚あげるから」と静止されるも、「え〜…だって、だって…」とごねてたら、「じゃあもう好きにして下さい」と言われたので、うひょうひょ言いながら沢山引っつかむ。(そののち、ひろしくんが2回ほどお客さんのふりしてポスター貰いに行ってくれた。しかし、すごくいい紙でぶ厚かったので、20枚くらい持って帰ってきたつもりで居たら10枚くらいだった…しょぼーん…)

                  アメリカなので定刻になっても始まらず、19:20に開場。



                  すごい人混みで、すれ違えないほど。
                  (VICE公式のビデオ参照)←私は映ってないよ。



                  インベさんと一緒にポスターにサイン書いたり、記念写真撮られたり。

                  ってか、喫煙所でふつうにマリファナ吸ってる人たちが居るよ…
                  LAすげぇ…

                  終了時刻の22:00になった瞬間にいきなり会場の電源がバーンって落ちて、フライパンみたいなのでガンガンと「早く帰れ」みたいな音出してる。アメリカってすごい。

                  インベさんが「二次会付いてきてオッケー」と言うので、「オレ、皆で交流深めて酒飲むとか、そういうの好きじゃないんだけど」とか返事する。
                  呼ばれてないのに勝手にLAまで来て、ポスターひったくって、会場ででしゃばって、VICEの人たちが折角二次会誘ってくれて「いやぁ、ちょっと…」と言う返事をするあたり、どんだけ協調性ないのか。
                  そんだけ協調性ない人を、インベさんと一緒にいらしてる写真家さん、斉藤芳樹さんが「人の多いとこが嫌いって言うのは僕と一緒だねー」フォローしてくれた。
                  斉藤さんの写真、会場ですごい目立ってて、すごく好きな作風で、絶対お話しようと思ってて「あの、写真展の右奥に写真飾ってた方ですよねっ」って言ったら、「え?僕のは左奥」って言われて、うわ、ヤバ…左奥なんて見てないよ…と思って一旦話すの止めたんだけど、私が右と左をよく解ってないだけで、後日調べてみたらやっぱり私がいい!って思った写真家さんだった (´・ω・`;;;)
                  色々話したかった…すごい好きだから感想とかいっぱい考えてたのに…しょぼーん…。

                  そして二次会会場、近所のバーに移動。
                  でも、団体予約をしてるだけみたいで、ふつうのお客さんが沢山混じってて、暗いし、うるさいし、椅子もないし、全然人と話せる雰囲気じゃなく…。

                  って言うか、だから、至るところからマリファナの匂いがするんですけど…。

                  VICEの人にコーラ奢ってもらって、さっきまで「ポスターくれないっ!」って騒いでいた私にジュースを奢ってくれるなんてVICEバンザイ!いい人!これからも頑張って下さいねっ!などと極端な態度に切り替わる単純なオレ。

                  コーラ飲み終わったら、インベさんを置いて一足先にバーを出る協調性の無さを発揮。

                  今日は12時間近く寝たのでまだ全然眠くなく、ひろしくんが明日仕事遅いと言うので色々連れてってもらう。
                  夜遅くなっちゃったのと、週末のライブに備えて体力的に無理したくないので、翌日ポキちゃんに13:00から観光に連れてってもらうのを16:00からに変更してもらうってメールをひろしくんの携帯からポキちゃんに送ってもらって(アメリカは「テキスト」と言う概念で、携帯でEメールは出来ないらしい)、本日終了。

                  寝るぽ。

                  てか、夜間出歩くと危ないどころか、昼間、モーテルの敷地内から出てすらいないのに怖い目にあってるオレって。

                  この日一番デンジャラスだった日本人観光客な自信がアリマス。

                  | SION | オタク・カルチャー | - | - | - | - |
                  LAに行ってきたよ:初日
                  0


                    結局、インベカヲリ★ちゃんが出る写真展「VICE PHOTO SHOW 2008」を見にロサンゼルス行って来ました。
                    8日に現地ガイドしてくれるって人が見つかって、9日に航空券取って、10日に準備して、11日から行ってきたので超バタバタ。
                    もう少し早く現地行きが決まってれば航空券も定価で買わずに済んだのですが…ツアーの申し込みも終了してたし。旅費とホテルで15万円だって、ウトゥ…。

                    LA在住のポキちゃんとひろしくんにすごくお世話になったよ!
                    ポキちゃんたち、結局「知人の知人の知人の知人」なので、もう結局お互い「誰?」って感じなのですが、すごく良くしてくれたー本当にありがとう(・∀・)★
                    喋るのが必要なところは全部2人がやってくれるし、モーテルも取ってくれたし、ドアtoドアで全部送迎してくれるし、すっごい助かった!

                    で、11日。
                    飛行機で少しでも寝たかったので、前日わざとほぼ寝なかったんだが、隣のインド人がワキガな上にすごいウザくて、結局10時間寝れず。
                    インド人、ジュース10回以上頼むし、「腹減ったからご飯待ってられないし食う物よこせ」とか言ってピーナッツ10袋くらいずっとバリバリ言わせて食ってて(しかも俺の膝の上にピーナッツ落としながら)、荷物とか俺の足の下に置きやがるし、靴脱いで足組んでるんだけど臭い靴下俺の足にベッタリくっついてるし、体がデカいから腕とかはみ出て俺の腰あたりに置くし、トイレ行く時思い切り俺の上這ってくし、食い終わったピーナッツとかアイスとかゴミとかちり紙とか、「これ捨てといて、お前が通路側だから」とか言って全部あたしのヒザの上に置くし (´・ω・`)
                    自分はシート最初から最後まで全開で倒してるのに、前の人がちょっとでもシート倒したら「Shit!シート!」とかアホな事言いながら前座席蹴ってるし…
                    割とわたくしインド男性好きなんですが(池袋とかカレー屋に居るようなのじゃなくて、現地の芸能人とか、割とスタイルよくてシュッとした感じの、キアヌ・リーブスをダメにして親しみやすくしたようなのが)インド人が一瞬にして嫌いになりました、ありがとうございました。

                    ゲッソリしながらLA空港到着。

                    現地で電話出来ないとまずいかな、と思って前日携帯を機種変更しておいた(auで唯一そのまま海外で使えると言うのがウリのW62S)のだが、全然電波繋がらないし、運良く一時的に繋がって着信が来ても「番号不特定」ばかりか着信欄が空欄とかになっちゃうし。空欄ってなんだよ…。
                    うーむ…とか思ってたらゲート出たらすぐポキちゃんが見つけてくれた。
                    ちなみにメールもセンター問い合わせを何度も何度も連打しないと受信出来ないし、まだまだサービス開始出来るほどのクオリティじゃなかったよ…。



                    ビーチ行って、ご飯食べて、



                    「ロサンゼルスの原宿」と言われるメルローズシティに行ってもらって、モーテルにチェックインして荷物置いて、ハリウッド連れてってもらったー。



                    チャイニーズシアター。
                    有名人の手形や足型で有名なとこ。



                    わしの足。

                    「夜は危ないからモーテルから出ちゃいけない」ってのと、「モーテルのまわりに何もない」(ダウンタウンじゃなくて、ポキちゃんの会社から近いとこのモーテルを取ってもらった)ってので、スーパー連れてってもらって、ジュースとか色々買出ししてもらって、ホテルに戻る。

                    翌日がインベさんの写真展のレセプションなのだが、ポキちゃんは都合が着かず連れて行けないって事で、翌日の16:00にポキちゃんの後輩のひろしくんって人が迎えに来てくれるよーって感じで、本日終了。

                    普段、海外で深夜にも関わらず一人で全然ウロつくタイプなので、「夜はモーテルから出ない方がいい」と言われたのも聞く気さらさらなかったのだが、2日間徹夜で疲れていたので、この日は大人しくすぐ寝る。

                    で、翌日事件は起こったそうな。

                    | SION | オタク・カルチャー | - | - | - | - |
                    LAで写真展があるそうだよ。
                    0


                      【VICE PHOTO SHOW 2008】
                      http://vice.typepad.com/vice_japan/2008/07/the-2008-vice-p.html
                      期間:7/12〜7/26
                      開催地:ロサンゼルス
                      開催場所:*Toyota Scion Space* (http://www.scion.com/space/
                      写真展参加予定作家:インベカヲリ★/大橋仁/斎藤芳樹
                      展示予定セクション:
                      1. *"Tiny Vices" by Tim Barber*(http://www.scion.com/space/
                      2. *Rennie Ellis*回顧展(http://www.rennieellis.com.au/
                      3. *Japanese Photographers*
                      4. *Richard Kern*(http://www.richardkern.com/)ー未定

                      ポスターとかにまた私の写真を使ってもらえるらしいよ。
                      と、インベさんから連絡が来たので、

                      「おお、俺も行くぞ、なぁに、もちろん自腹で行くからお気遣いなく」

                      と普通に馬鹿な返事し、普通に断られてから数日。

                      もう来週の事ですが、現地に突撃する手筈を整え中 (´;ω;`)

                      海外の一人旅は大好きなんですが、もう現地調査してる時間も、観光ガイド読んでる余裕もないし。。。

                      mixiでも書いているのですが、「現地に知り合いが居て、かつその知り合いが私を12日に写真展会場へ連れてってくれる人」を募集中…

                      ものすごい確立の低い話かとは思いますが、そのような見つかれば行きますので、また、そのような人には今後毎日お祈りを捧げますので、どうか私の前にそのような人が現れるといいと思います。

                      基本アジア好きなので、こんな機会でも無ければアメリカ行かんし(とか言うものの去年もそんな機会があって行ったあたり、やはり文化の発信地なんだなと実感)そんな人が居たら、よろしくお願い致します…。

                      どうでもいいけど、日の丸で思い出したんですけど、

                      「老人と子供のポルカ」
                      http://jp.youtube.com/watch?v=LZZk0tP49H8&feature=related

                      って、学生運動の歌なんですね。最近になって知ったよ。
                      ただ老人が子供たちにボコボコにされてる歌だと思ってたよ。
                      で、今更言うほどの事でもないけど、何?この動画のオジイ。

                      | SION | オタク・カルチャー | - | - | - | - |
                      PROFILE
                      ENTRY
                      CATEGORY
                      ARCHIVES
                      RECOMMEND
                      Devilish ALICE
                      Devilish ALICE (JUGEMレビュー »)
                      Rose&Rosary
                      CD、全国発売するですね。
                      RECOMMEND
                      RECOMMEND
                      SPEED ANIME M@STER ~あにそんまぁすたぁ~☆
                      SPEED ANIME M@STER ~あにそんまぁすたぁ~☆ (JUGEMレビュー »)
                      オムニバス,ゆい,SHIHORI,NAGISA,Myee,kozue,中野美幸,日高莉花,藤井アユ美,KEI,Ruku
                      ボーカルとして参加しているんですね。
                      RECOMMEND
                      餓狼伝説 15th Anniversary BOX(DVD付)
                      餓狼伝説 15th Anniversary BOX(DVD付) (JUGEMレビュー »)
                      ゲーム・ミュージック
                      シンセサイザーを弾いているんですね。
                      RECOMMEND
                      ビートマニア II DX 12 ハッピースカイ
                      ビートマニア II DX 12 ハッピースカイ (JUGEMレビュー »)

                      曲中ムービーに出演しているんですね。
                      RECOMMEND
                      beatmania II DX 11 IIDX RED
                      beatmania II DX 11 IIDX RED (JUGEMレビュー »)

                      曲中ムービーに出演しているんですね。
                      MOBILE
                      qrcode
                      LINK
                      OTHERS